詳細

僕らの青春を語る上で欠かすことのできない「エロ本」。そのエロ本は今絶滅の危機にさらされている。今年の8月末をもってコンビニエンスストアの店頭からも消えた。

若い世代の人たちは、ネットの普及によりエロ本を手にすることがほぼないという。つまり、河原を探しまわったり、自販機の前を往復したり、紙ごみの日にワクワクしたり、どこに隠すか考えたり、そんな経験も今は昔の話なのだ。

そんな経験をした方が良いというわけではない。だけど本当にこのままで良いのだろうか??ネットではモザイクのないものが簡単に手に入ってしまう。若い人たちがモザイクの向こう側に夢を見る経験もせず、いきなり向こう側にいってしまうことが何だか悲しいのだ。消しゴムでモザイクを擦ったり、反対のページから透かせてみたり、そういった奮闘を通じて、そこに有り難さを感じていくのではないだろうか。

このイベントでやりたいことは主に2つ。
①現在販売されているエロ本をみんなで観察し気づきを共有する。
②エロ本が絶滅することの問題点について考える。

企画者はエロ本に詳しくもなければ、購入経験もそれほどありません。じっくり考えることもせず時代の流れによってエロ本という文化が消えていってしまうことに違和感があるのです。みなさんと共に「エロ本」について大真面目に考えてみたいと思っています。

◯企画した人
ハタノユウイチ
高校卒業後、ヒッチハイキング、野宿生活、四国の歩き遍路などを経験。その後、大学で仏教を学び、学部を首席で卒業。現在は、学校、塾、地域など様々な場で、対話や探究の場づくりを行っている。

◯イエノミウィークって?
12月6日〜15日まで国立家のメンバーが連日様々なテーマの会を企画するイエノミウィークを開催します!国立家が企画するイエノミ企画はただ飲むだけではありません。今回はトーク、繕い、リラックス、探究、占い、ご飯、などなど、、。テーマがあったり、何もなくてその場を楽しんだり、時には子どもと一緒に楽しんだり。
国立家が気になる人、何をするのか知りたい人はもちろん、夜にふらっと飲みたい人、お酒は飲まないけど話したい人、国立家のリビングで自由に過ごしたい人、お一人様もお友達連れも、お気軽にいらっしゃいませ。みなさまのご参加お待ちしております!
  
◯国立家って?
家族がテーマのコミュニティスペース「国立五天」の シェアメンバー。月会費は3000円。かきくけこ(会話、休日、空間、健康、好物)を キーワードに活動します。国立五天を使って 自分の得意なことや好きなことのイベントを企画したり、 時にはみんなで一緒に食卓を囲んだり。シェアメンバーや地域の人々との交流から新しい家族らしさを模索します。現在、メンバー募集中!

———————–
〈エロホン~絶滅の危機を考える~〉
【日時】
・12月10日(火)19:30〜
【対象】
・18歳以上
・多少の過激な発言に耐性のある方
【参加費】
・1,500円(資料代)
※参加人数により数百円程高くなる可能性があります。ぼったくりはいたしません。
【その他】
・ドリンクやフードの持ち込み・持ち寄り歓迎です!
————————
【住まないシェアハウスの住民】
【国立家の新メンバー募集中!】
http://kunitachi-goten.net/
————————
国立五天
東京都国立市中1-10-22 天神ビル3F
国立駅南口から徒歩4分
————————